ヘロドトスの名言33選【心に響く名言】

ヘロドトス 名言

この記事では、『ヘロドトスの名言』を厳選して紹介しています。

ヘロドトスの名言には『自尊心は愚者の持ち物なり。』『逆境はその人の中にある強さや資質を引き出す。もし逆境がなかったとしたら、それらはいつまでも眠ったままだろう。』など、心に響く名言が多数あります。

古代ギリシアの歴史家で、歴史という概念の成立過程に大きな影響を残し、歴史学および史学史において非常に重要な人物の1人とされる、ヘロドトスの名言をご堪能ください。

本記事は広告を含みます。

ヘロドトスはどんな人物?

名前:ヘロドトス(Herodotus)
誕生:紀元前484年
没年:紀元前425年頃
国籍:古代ギリシア
職業:歴史家
名言:「自尊心は愚者の持ち物なり」「逆境はその人の中にある強さや資質を引き出す。もし逆境がなかったとしたら、それらはいつまでも眠ったままだろう」など

ヘロドトスは紀元前5世紀ギリシアの歴史家で、小アジア生まれ。諸方を遊歴していました。

ヘロドトスの著書「歴史」では、ペルシア戦争を中心に、東方諸国の歴史や伝統、アテナイやスパルタなどの歴史が綴られています。

ヘロドトスは「歴史の父」と呼ばれています。

ヘロドトスの名言33選【心に響く名言】

ここからは、ヘロドトスの心に響く名言を紹介していきます。

無知ほど恐ろしいものはない。

ヘロドトスの名言

自分がいろいろの事を知りながら、無力なために、それをどうにもできぬことほど悲しいことはない。

ヘロドトスの名言

得られるもの。それはすべて、冒険の果実です。

ヘロドトスの名言

この世でもっとも貴重なものは何か。私は友人と答える。

ヘロドトスの名言

まず人間の運命は車輪のようなもので、くるくると廻りつつ、同じ者がいつまでも幸運であることを許さぬものだということをご承知なさいませ。

ヘロドトスの名言

偉大なことは、大いなる困難から勝ち取るものです。

ヘロドトスの名言

大きな取引にはふつう、大きな危険が伴う。

ヘロドトスの名言

起こるかもしれないことを恐れて何もしないより、たとえ良くない結果に終わったとしても、大胆になって危険を冒す方がいい。

ヘロドトスの名言

自尊心は愚者の持ち物なり。

ヘロドトスの名言

うぬぼれは愚か者につきものだ。

ヘロドトスの名言

人間の運命とは自身の魂の中にある。

ヘロドトスの名言

何を考えているにせよ、最後まで見ることだ。殆どの場合、神は人間に幸福をちらりと見せた後、奈落に突き落とすものだ。

ヘロドトスの名言

逆境はその人の中にある強さや資質を引き出す。もし逆境がなかったとしたら、それらはいつまでも眠ったままだろう。

ヘロドトスの名言

富を築き過ぎた者は、たいてい不幸な一生を送ることになる。ほどほどの富を持っている者が一番幸せである。

ヘロドトスの名言

人間は環境に依存し、人間に依存するものにあらず。

ヘロドトスの名言

勝利を勝ち取れる人間は、決断をした人物だけだ。

ヘロドトスの名言

全てを同時に具足することは、人間には不可能なことである。

ヘロドトスの名言

弓は使う時には引き絞るが、使わぬ時には緩めておくもの。

ヘロドトスの名言

平和より戦争を選ぶ愚か者のような者は誰もいない。

ヘロドトスの名言

同じ国民の中での確執は、戦争が平和より悪いのと全く同じくらいに、戦争よりもまだ悪い。

ヘロドトスの名言

平和なときは父が子によって埋葬され戦争のときは子が父によって埋葬される。

ヘロドトスの名言

同情されるより、ねたまれる方がいい。

ヘロドトスの名言

人間死ぬまでは幸運の人とは呼んでも、幸福な人と呼ぶことは差し控えなければなりません。

ヘロドトスの名言

中傷される人間は二重に傷つけられる。第一に、中傷を言う人間によりて、第二には、中傷を信ずるものによりてなり。

ヘロドトスの名言

嫉妬は人間に生まれつき具われるものなり。

ヘロドトスの名言

病気になる時というのは、たいてい変化に襲われた時だ。

ヘロドトスの名言

エジプトはナイルの賜物。

ヘロドトスの名言

酒を飲めば、言葉に羽が生えて、傍若無人に飛び回る。

ヘロドトスの名言

急ぎは失敗の母である。

ヘロドトスの名言

神に愛される者達は薄命である。

ヘロドトスの名言

人間というのは、いつも真面目に働き、楽しみや安らぎをまったく味わわずにいると、いつの間にか心を病んでしまう。

ヘロドトスの名言

楽しむこともくつろぐこともせずに常に真面目にあろうとすれば彼は知らず知らずのうちに怒りっくなり不安定になってしまうだろう。

ヘロドトスの名言

ヘロドトスの本・関連書籍を紹介

ここからは、ヘロドトスのおすすめの本や関連書籍を紹介します。

ヘロドトスの本おすすめ①: 歴史 上・中・下


ヘロドトス 歴史 上 (岩波文庫)


ヘロドトス 歴史 中 (岩波文庫)


ヘロドトス 歴史 下 (岩波文庫)

『歴史 上・中・下』は、古代ギリシアの歴史家・ヘロドトスが紀元前5世紀に書いた、古代ペルシア戦争を中心にした歴史書です。

ヘロドトスが古代ペルシアと古代ギリシアの戦争について取材し、その結果を記録したもので、戦争の経緯や出来事、両軍の戦術や兵力、指導者たちの言動などを、自らの取材結果や聞き書きに基づいて描写しています。

『歴史 上・中・下』は、西洋史の古典として高く評価されており、古代史に興味を持つ方におすすめの書籍です。

ヘロドトスの本おすすめ②: ヘロドトス「歴史」物語


ヘロドトス「歴史」物語 (現代教養文庫ライブラリー)

『 ヘロドトス「歴史」物語』は、古代ギリシアの歴史家・ヘロドトスが著した「歴史」についての解説書です。

ヘロドトスの『歴史』を概説するとともに、ヘロドトスがどのような人物であったか、どのような時代背景のもとで書かれたかを解説しています。

さらに『歴史』に登場する古代世界の英雄たちや、当時の社会や文化についても詳しく解説されています。

『ヘロドトス「歴史」物語』は、古代世界の歴史や文化、ヘロドトス自身の人物像や文学的手法について理解を深めるのに役立つ一冊です。

ヘロドトスの本おすすめ③:世界史とヨーロッパ ヘロドトスからウォーラーステインまで


世界史とヨーロッパ ヘロドトスからウォーラーステインまで (講談社現代新書)

『 世界史とヨーロッパ ヘロドトスからウォーラーステインまで』は、古代ギリシアの歴史家・ヘロドトスから近現代の世界史に至るまで、ヨーロッパ史の展開を解説した書籍です。

『世界史とヨーロッパ ヘロドトスからウォーラーステインまで』は、ヨーロッパ史の大枠を理解するために必要な情報を網羅した一冊です。

また、ヨーロッパ史が世界史とどのように関わってきたかについても解説されており、世界史を総合的に理解する上でも有用な書籍となっています。

そのほかの偉人の名言はこちらをどうぞ。
偉人の名言一覧

関連記事

  1. ヒポクラテス 名言

    ヒポクラテスの名言42選【心に響く名言・誓い・本】

  2. ニーチェ 名言

    ニーチェの名言102選【なぜ生きるか・人生・仕事・笑い|偉人の名言】

  3. ゲーテ 名言

    ゲーテの名言145選【やる気が出る言葉・人生・努力・人間】

  4. アリストテレス 名言

    アリストテレスの名言56選【たくさんの心に響く名言】

  5. 山本五十六 名言

    山本五十六の名言8選【心に響く名言|我慢・やってみせ】

  6. マザーテレサ 名言

    マザー・テレサの名言30選【思考に気をつけなさい・言葉に気をつけなさい】